スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨降りと読書

07-28,2009

 ボンネットで目玉焼きが焼けるような猛暑は勘弁ですが、こう毎日雨を眺めるのもそろそろ飽きてきました。
 
 熱気と湿気でむしむしじめじめ。洗濯物の乾きも悪いですし、出かけるにもいちいち傘はいるしで、気分は晴れないというものです。 

 しかし、僕も大人になったということでしょうか。昔ほど雨降りが嫌いではありません。

 長雨に晴れやかな気分にはなれませんが、これはこれで情緒があってよろしいのではなかろうかと雨降りを楽しむことを覚えました。

 その一つが読書。
 しとしとと降る雨音をBGMに読書に耽るのは、なかなかに風流な時間の使い方ではないかと思うのです。

 
 とか言いながら読んでるのは――――『バカとテストと召喚獣』だったり! 

 (ノ∀・)アチャー 


 いかにも『文学』ってな作品ならもっと絵になるのでしょうが。

 ……バカテス、面白いんだぞ。

 文章が上手いだとか構成がどうとか、そんな細かいことはいいんです。理屈じゃないんです。ふぃーりんぐなんです。なんかよくわかんないけどなんだか面白い。これでいいんです。面白いは正義なんです。

 ――えー、そんなわけで『バカとテストと召喚獣』オススメです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。