スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しい夢をありがとう。

06-30,2010

 先ずは、心躍るような期待を抱かせてくれた日本代表に感謝します。

 世界の壁は未だ厚い。ただ昔ほど遠いとは感じませんでした。

 確かに目標には届きませんでした。しかし、日本には日本の良さがあり、それがちゃんと世界で通用することが今回証明されたはずです。

 日本のサッカーは地味で泥臭くて、派手さとは無縁の観ていて決して面白いサッカーではないかもしれません。

 しかし私は日本のサッカーに胸が熱くなった。もちろん私が日本人だからというのはあるでしょうが、彼らの直向さは誰の目から見ても賞賛に値することでしょう。

 敗戦後、私は涙する選手たちを目の当たりにして、不謹慎かもしれませんが羨ましいと思った。

 泣けるほど悔しいと思えることがあるという幸せ。

 私は今、泣けるほど何かに対して頑張っているだろうか。思わず、そう自問してしまった。


 最後に、日本代表にこの言葉を。


 お疲れ様でした。
 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。