スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナマガジン#2

12-08,2011

 本日12月8日発売の『ペルソナマガジン#2」に#1に引き続きコラムを書かせて頂きました!
 『間宮夏生のペルソナ的妄想』です。どうぞよろしくお願いします。
 今回の表紙は『口を開けばガッカリ王子』こと花村陽介! いわゆる『愛すべきお馬鹿キャラ』ですよね。
 個人的に花村陽介の魔術師コミュは必見です。体験すれば誰もが彼のことを好きになることでしょう。
 これからペルソナ4をプレイされる方は是非に!
 

ペルソナマガジン#02 2012年 01月号 [雑誌]ペルソナマガジン#02 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/12/08)
不明

商品詳細を見る



さらに明後日12月10日発売の『電撃文庫MAGAZINE 1月号』には『月光』の短編を書かせて貰いました。
前回の短編より量は多めです。新キャラもいます。もちろんイラストは僕らの白味噌さん!
短編は本編と比べてライトな仕上がりになっております。楽しんで読んで頂けたら幸いです。

電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2012年 01月号 [雑誌]電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/12/10)
不明

商品詳細を見る


 また『電撃文庫MAGAZINE』には間宮夏生的大発表が掲載されますのでご注目を!


 
 告知は以上なんですが、一つ創作に関する質問を貰いましたので、この場を借りてお答えさせて頂きます。
 質問者、ご本人の希望で名前は伏せさせて頂きます。また私のほうで質問内容を豪快に要約させて貰ってます。
 どうぞご了承下さい。問題ありましたら別途、コメントのほうよろしくお願いします。


 『プロットは大事ですか?』

 
 創作に関する質問に、新人作家の間宮ごときが偉そうに答えるもの憚られるのですが、とても熱心に質問して頂きましたので、少しでも参考になればと思いお答えします。

 大事です。

 プロットは家を建てるための設計図のようなものだと私は考えます。
 設計図もなしに家を建てる人はいません。仮に設計図なしで建てればクオリティがどうなるかは火を見るより明らかですよね。少なくとも私が施工主であるならば、設計図もなしに家を建てるような建築家さんには仕事を頼みたくはありません。

 稀にプロットなくして作品を書き上げる作家さんもいらっしゃいますが、誤解してはいけません。それは決してプロットを作っていないわけではなく、書き起こしていないだけで本人の頭の中には綿密なプロットがあるのです。

 作家になれば編集さんにプロットを見せる場面が幾度もおとずれます。作家を目指すのであればプロットを書く習慣を身につけておいて損はありませんよ。

 いかがでしょうか。少しだけでも参考になりましたでしょうか。
 もう少しプロットの執筆上の有用性や実践的な体裁に関して触れることができればよかったのですが、私もまだまだ勉強中の身ですので、ボロが出る前に止めておきます。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。