スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これがきっと幸せってやつに違いない

09-19,2010

 『月光』の発売から約一週間が過ぎました。
 私にとってこれほど心落ち着かない一週間は、最終選考の結果待ちをしていたあのとき以来ではないでしょうか。

 たった一人でもいい。月光を面白いと言ってくれる人がいて欲しい。それは大袈裟ではなく祈るような気持で過ごした一週間でした。

 ところがです。

 本当にありがたいことに非常に多くの方に面白いという言葉を戴きまして、中には身に余るほどの賛辞もあり、嬉しいという気持ち以上に驚いているというのが正直な今の間宮の気持ちです。

 幸せなことですよね。作家になってよかったなぁ。

 皆さんのお褒めの言葉を励みに今後も頑張ろうとそう強く思いました。どうぞ、今後ともよろしくお願い致します。

 以下、謝辞を。

 koyakさん味噌魔王さん拍手及びコメントのほうありがとうございます。
 お二人のブログのほうも拝見させて戴きました。背中がむず痒くなるほどのお褒めの言葉の数々に思わず身悶えそうになりました(笑)。
 生まれたばかりのひよっこな作家ではありますが、よろしければ今後とも応援のほうよろしくお願い致します。

 
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

間宮夏生の可能性 『月光』編

 ライトノベルというものは、えてして作家単位より、作品単位で選ばれることが多いと言われる。何とも了見の狭そうな発言であるが、個人的な読書経験に基づけば、これは案外正鵠を射た言葉だと思う。書く作品...
2011/04/14(木)12:27:02 | 第七学区の路地裏
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。