スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の俺は違うぜ! って毎年言ってるのはなぜなんだぜ!

12-20,2010

 『このライトノベルがすごい』の2011年度版が発売されていることは、私もラノベ作家の端くれでございますんで当然知ってはおりました。
 ですが、デビュー間もない駆け出し作家の私には縁もゆかりもない存在だと最近まで知らぬふりを決め込んでおりました。うっかり読んじゃった日にゃあ、名立たる作家さんの眩いばかりの活躍を目の当たりにして、気が遠くなるのは目に見えていますもの!

 ところが、間宮の名前と月光が載ってるよと聞かされたら自分のことですから見ないわけにはいきません。(現金な奴だ)

 なんと恐れ多いことでしょうか! 『文学賞メッタ斬り!』等々で有名な大森望先生が、2011年に期待したい作家の一人として間宮夏生を選んで下さっているではありませんか。

 個人的には、電撃らしからぬ作風を評価して戴けたことに大感激です。これは信じて戴けるか判りませんが、私、米澤先生の作品って『さよなら妖精』一作しか読んだことないんですよね。
 ちなみに他の方々から作風が似ていると言われている新人ごときが名前を上げるのもおこがましい幾人かの作家先生に関しても、ほとんどの方の作品を読んだことすらなかったり。

 ただし信じる信じないは(ry

 素直に嬉しかった。
 来年はいっちょやったるでえ! でっかい花火上げたるでえ! 
 それ散っちゃってるじゃねーかよ、とかセルフツッコミしつつすごくやる気になる間宮でありました。




スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。