スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァンゲリオン:愛

07-04,2009

 新劇場版エヴァンゲリオンの感想を一言。

 愛っ!

 もう「庵野さん気は確かですか?」と尋ねたいほど、愛に溢れてました。
 相変わらず、ハラハラドキドキはするんですけど、物語の根底に深い愛を感じて、僕は割りと幸せな気分で映画を観てました。

 いつもエヴァを観ると考えさせられます。
 
 愛ってすごく聞こえがいいけど、一歩間違うとエゴになってしまうよなーなんて。

 それでもやっぱりエゴイスティックでも、愛のために戦う人たちってカッコいいと思うんですよね。
 世界系と揶揄されても、愛する女の子のために世界を敵に回したり、全人類よりたった一人の女の子を守るとかって話が好きなんですよ。

 だって生きるって奇麗事じゃないもの。
 泥臭くて不器用で自分勝手なくらいがリアルで、だから、そんな物語の人々が愛しいと思えるのです。

 だけど、最後はハッピーエンドであって欲しいと願うのは僕のエゴなんでしょうね(笑)。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。