スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボカロに纏わるエトセトラ

01-18,2010



 世間は『*ハロー、プラネット』のPVで盛り上がってるというのにも関わらず、敢えて『ぼくらの16bit戦争』を押す幽人であった。

 >初音ミクの代表されるボーカロイドP(プロデューサー)第二世代の中心人物"sasakure.UK"がいよいよデビュー!

 上記はアマゾンにあったささくれPのデビューCDの紹介文なんですが、そうだなーって個人的にも思ったもので転載しました。

 ささくれPのスキル、センス、そして何より安定感は商業でも戦えるレベルにあると、偉そうにも僕は勝手に思ってる次第でして。

 さすがにsupercellでお馴染みのryoさんと比較するのは酷ですけど、ささくれPも成功するに違いないと信じています。

 ちなみに、ニコ動で活動されていた当時のryoさんは、他の追随を許さないぶっちぎりの存在でした。曲をアップすればどれも余裕で一位を獲得してたんじゃないかな。しかも、長期に亘り。
 何にせよ、最終的にはすべてが100万再生を達成するあたり本当に神がかってますよね。
 現在の成功も彼の才能からすれば当然かもしれません。
 
 未だに初めて『メルト』を聴いた時の衝撃は忘れられません。

  もう、ほんと、supercellが好き! nagiさんも最高です!

 このような成功体験から、どうしてもNEXTsupercellをニコニコ動画のPたちに期待してしまうんですよね。

 個人的にはジミーさんとか暴走さんとかDECO27さんとかクワガタPあたりには期待してます。全員、一般層にも通じるセンスの良い楽曲作れますからねー。
 クワガタPの場合りょーのさんの動画も秀逸なので目が離せないですよね。

 ボカロという媒体を通して新たな才能が生まれるという現象は、今後、一つのトレンドになりそうだと睨んでます。

 今後も追いかけるぜ! ボーカロイド!
 

 
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。